天井・小屋組・梁のチェックポイント


天井下地材まで到達するひび割れ、欠損、浮き等はないか

天井材について下地材まで達するひび割れ、欠損、浮き、はらみ、剥落がある場合は構造部材の劣化に起因するおそれがあるため劣化事象となります。

小屋組みや梁に著しいひび割れ、劣化または欠損はないか

小屋組みや梁に荷重の支持または外力への抵抗に影響を与える可能性があるような割れがある場合、劣化事象となります。

梁に著しいたわみはないか

床や天井の浮きや沈みに影響を及ぼすほどたわんでいる梁のたわみは、構造耐力上の観点から劣化事象となります。

天井や小屋組みに雨漏りの跡はないか

天井や小屋組に雨漏りの跡が確認された場合、周辺部の構造部材の劣化を促進させる要因と想定できるため劣化事象となります。