内壁・柱のチェックポイント


柱に著しいひび割れや劣化、欠損はないか

断面が不足している木組みや設備工事等で構造材に過度な切込みが生じている場合は劣化事象となります。

内壁、柱の傾斜が6/1000以内か

内壁、柱の傾斜が6/1000以上の場合は、注意が必要です。基礎の沈下や柱、梁等の構造部材の傾斜が生じている可能性があるので劣化事象となります。

内壁下地材まで到達するひび割れ、欠損、浮き等はないか

内壁について下地材まで達するひび割れ、欠損、浮き、はらみ、剥落がある場合は、構造部材の劣化に起因するおそれが想定されるため、劣化事象となります。

内壁に雨漏りの跡はないか

内壁に雨漏りの跡が確認された場合、周辺部の構造部材の劣化を促進させる要因と想定できるため、劣化事象となります。