木造戸建て住宅の簡易耐震診断


木造戸建て住宅の簡易耐震診断では、A~Fの6項目を現地で調査して総合評点を計算し、判定します。調査は目視にて行われ、壁や床などはめくらない非破壊検査です。総合評点は「A×B×C×D×E×F」で算出し、総合評点が1.5以上は「安全」、1.0以上1.5未満で「一応安全」、0.7以上1.0未満で「やや危険」、0.7未満で「倒壊の恐れがある」という判定となります。

A.地盤・基礎

 

診断項目 評点
  良い・普通 やや悪い 非常に悪い
 鉄筋コンクリート造布基礎  1.0 0.8 0.7
無筋コンクリート造布基礎 1.0 0.7 0.5
ひび割れのあるコンクリート造布基礎 0.7 診断適用外
その他の基礎(玉石、石積、ブロック積) 0.6

B.建物の形

診断項目 評点
 整形  1.0
平面的に不整形         0.9
0.8

C.壁の配置

診断項目 評点
 つりあいのよい配置  1.0
外壁の一面に壁が1/5未満 0.9
外壁の一面に壁がない(全開口) 0.7

D.筋かい

診断項目 評点
 筋かいあり  1.5
筋かいなし           1.0

E.壁の割合

診断項目 評点
 1.8~  1.5
1.2~1.8             1.2
0.8~1.2 1.0
0.5~0.8 0.7
0.3~0.5 0.5
 ~0.3 0.3

F.老朽度

診断項目 評点
 健全  1.0
老朽化している 0.9
腐ったり、白蟻に喰われている    0.8

耐震判定表

総合評点 判定
 1.5以上 安全です
1.0以上 1.5未満 一応安全です
0.7以上 1.0未満 やや危険です
0.7未満 倒壊又は大破壊の危険があります