外壁のチェックポイント


外壁の下地材まで到達するようなひび割れがないか

仕上げ材から下地材まで連続したひび割れが発生している状態は、雨水の侵入等により構造部材の劣化を促進する要因となるため劣化事象となります。

金属の著しい錆や化学的浸食はないか

金属製の外壁や水切り等から雨水が容易に侵入してしまうほどの錆や化学的浸食が生じている状態は、構造部材の劣化を促進する要因となるため劣化事象となります。

タイルの著しい浮きはないか

タイルがせり上がり、膨らんで浮いている状態は、目地等の劣化を招き、雨水の侵入等により構造部材の劣化を推進する要因となるため劣化事象となります。

シーリング材に破断や欠損はないか

シーリング材が全断面にわたり切れている状態は、雨水が浸入する危険性が高いため、劣化事象となります。

建具周囲の隙間や建具の開閉不良はないか

建具の廻りに隙間が生じていたり、建具の開閉不良がある場合は、雨漏りする可能性が高いため、劣化事象となります。

軒裏天井に雨漏りの跡はないか

雨漏りの跡が確認された場合、周辺部の構造部材の劣化を促進される要因となるため、劣化事象となります。