ホームインスペクション

中古戸建て住宅購入前の不安をインスペクションで解決します!

対応エリア:大阪府、兵庫県、奈良県、京都府、和歌山県

中古戸建て住宅の購入前の判断材料の一つとして『建物の劣化状況の調査』を行います。

基礎の調査
基礎のひび割れ
外壁の調査
外壁のひび割れ
外壁の調査
シーリングの破断
軒裏の調査
軒裏の雨漏り跡
基礎の調査
基礎のジャンカ

基礎の調査
基礎の欠け
鉄筋の調査
鉄筋の露出
床下の調査
鉄骨の柱脚の錆
床下の調査
土台の腐朽
床下の調査
排水管の水漏れ

室内の調査
壁のひび割れ
室内の調査
天井のひび割れ
天井裏の調査
梁のひび割れ
天井裏の調査
梁の穴あけ
屋根裏の調査
屋根裏の雨漏り跡

弊社が選ばれる5つの理由

1.既存住宅状況調査技術者によるインスペクション

国土交通省が定める講習を受けた一級建築士が調査を実施

 2.床下侵入調査は標準料金に含まれます。

床下点検口があれば、床下すべての状況を調査します。

 3.報告書にて指摘事項に対する補修等をアドバイス

報告書は、1週間以内にお送りします。調査項目ごとの写真付きで分かりやすく、指摘事項には補修等のアドバイスも行っています。

 4.既存住宅個人間売買瑕疵保険の現場検査も同時に行うことが可能

現場検査に合格すれば瑕疵保証を受けることができます。

5.フラット35の物件検査も同時に行うことが可能

基準を満たした建物には適合証明書を発行します。

インスペクションの調査部位と項目

1.構造耐力上主要な部分に係る調査

 

【1】基礎 

【2】床組・土台

【3】床

【4】柱・梁

【5】外壁・軒裏

【6】バルコニー

【7】内壁

【8】天井

【9】小屋組

【10】蟻害・腐朽

【11】鉄筋探査

2.雨水の侵入を防止する部分に係る調査

 

【1】外壁

【2】軒裏

【3】バルコニー

【4】内壁

【5】天井

【6】小屋組

【7】屋根

3.耐震性に関する書類の確認

確認済証、検査済証、確認台帳記載事項証明などの書類から昭和56年6月1日以降に確認済証の交付を受けた中古住宅であることを確認します。

4.給排水管の調査

水道が使用可能な場合は、キッチン、洗面、トイレ、お風呂の給排水からの水漏れがないかを調査します。

インスペクションを依頼したお客様の声

  • 広い物件ですが、隅々までしっかり点検して頂けました。中古物件の購入にあたり補修すべき箇所が明確になり、安心感を得ることができました。
  • 家の隅々まで丁寧に見ていただき、とても満足しています。また、疑問が生じた際にも丁寧に分かりやすく説明していただけました。
  • 他社では追加料金がかかるような所まで調査していただきました。修繕アドバイスはリフォームの参考にさせていただきます。
  • 調査日まで日にちが短かったのですが、迅速に対応していただけました。床下や天井裏などもしっかり見てくださり、分かりやすく説明していただけました。
  • 当日は雨天でしたが丁寧に調査をしていただきました。後日届いた報告書でよく分からない所を質問しましたが、すぐに回答頂けました。
  • 絶対に素人では気づかない所の修繕を勧めていただき、いかに丁寧に調査して下さったのかがよく分かりました。
  • 築浅の物件を購入したものの床が傾いているのでびっくりしました。傾きの理由も教えていただき少し安心できました。
  • 丁寧に細かく調査していただき、直すべき部分も伝えていただき実益が予想以上にありました。

料金表

構造 延床面積 金額(税込)
 木造・鉄骨造・鉄筋コンクリート造 戸建て住宅  100㎡未満 63,000円
100㎡以上150㎡未満 70,000円
150㎡以上200㎡未満 77,000円
オプション 耐震診断 15,000円
  • お支払いは、調査後に銀行振り込みにてお願いします。
  • 200㎡以上の場合はお見積りします。
  • 調査エリアによっては出張費がかかります。(兵庫県、大阪府の一部。京都府、奈良県、和歌山県の全域)
  • 面積は確認済証に記載の面積です。登記面積ではありません。
  • 平面図(部屋の間取りが分かるもの)が無い場合は、平面図作成料5,000円(税込)がかかります。
  • 耐震診断は、木造在来軸組工法2階建てを対象とします。耐震性がどの程度あるかを把握することを目的とします。
  • 報告書はメール(PDFデータ)でお送りします。印刷した報告書が必要な場合は、3,000円(税込)かかります。
  • 既存住宅個人間売買瑕疵保険には別途、保険料等がかかります。
  • フラット35の適合証明書の発行には別途、費用がかかります。

インスペクションに関する注意事項

 本調査は、既存住宅状況調査方法基準(平成29年国土交通省告示82号)に基づく既存住宅状況調査であり、調査対象となる住宅について、目視を中心とした非破壊検査により劣化事象等の状況を把握するためのものです。そのため、本調査では以下の内容は含まれておりません。

  1. 設計図書との整合性を確認すること。
  2. 建築基準法に関する違反の有無を判定すること。
  3. 耐震性や省エネ性等の住宅に関する性能について、どの程度の性能を保有しているかを判定すること。(耐震診断を行う場合を除く。)
  4. 劣化事象が建物の構造的な欠陥によるものか否か、欠陥とした場合の要因が何かといった瑕疵の有無又は原因を判断すること。

既存住宅個人間売買瑕疵保険について

既存住宅個人間売買瑕疵保険とは、瑕疵による不具合が見つかった場合に補修等の費用をお支払いする制度です。インスペクションを行った結果、基準を満たている物件については、既存住宅個人間売買瑕疵保険に加入することが可能です。

保険の対象となる部分と保険期間

保険の対象となる部分 保険期間 保険の支払い対象となる事由 事象例
 構造耐力上主要な部分 1年、2年、5年  基本的な構造耐力を満たさないこと。 建築基準法レベルの構造耐力性能を満たさない場合
雨水の侵入を防止する部分 防水性能を満たさないこと。 雨漏りが発生した場合
給排水管路(特約) 通常有すべき性能、機能を満たさないこと。 水漏れ、逆勾配

支払い限度額

支払い限度額は500万円又は1,000万円となります。

保険対象となる住宅

条件 詳細
①既存住宅であること。  既に人の居住の用に供したことのある住宅または建築工事完了の日から起算して1年を経過した住宅
②売主が宅建業者でないこと。  
③新耐震基準等を満たすこと。

新耐震基準等を満たすことが確認できる次のいずれかの住宅

ア.建築確認日が昭和56年6月1日以降の住宅

イ.建築確認日が昭和56年6月1日以前または不明の場合で、新耐震基準等に適合することが確認できる住宅

ウ.構造耐力上主要な部分の瑕疵の新設または撤去を含むリフォーム工事等が行われた住宅で、新耐震基準等

適合することが確認できる住宅

注意事項

  • 床下及び屋根裏の調査を行いますので、床下点検口及び天井点検口があることを申し込み前にご確認ください。
  • 保険料が別途、必要となります。物件及びお申込み内容により金額が異なりますので物件ごとにお見積りします。

詳細につきましては下記の資料をダウンロードしてご確認ください。

ダウンロード
既存住宅売買瑕疵保険の資料
あんしん既存住宅個人間売買瑕疵保険(検査事業者コース)概要説明書.pdf
PDFファイル 904.4 KB

お申込み

カレンダーにて予約状況を確認後、希望する日時を「お問合せのメッセージ欄」にご記入下さい。内容を確認後、弊社よりメールを返信いたします。 ✕‥予約不可 〇予約可

調査時間は2時間30分を目安としてください。午後の開始は14時までとします。(17時ぐらいには暗くなるため)

※不動産会社からのお申込みは受け付けておりません。買主様または売主様にてお願いします。

※iPHONEをご利用の方でgoogleカレンダーが表示されない場合は、設定の「サイト超えトラッキングを防ぐ」をOFFにしてください。

よくある質問

Q1.新築住宅の検査や内覧会の同行は行っていますでしょうか?

 Ans.行っていません。

Q2.中古マンションのインスペクションは可能でしょうか?

 Ans.戸建て住宅のみです。

Q3.キャンセル料はかかりますか?

 Ans.2日前まではかかりません。前日、当日の場合はキャンセル料10,000円かかります。

建築士の岡 信行と申します。

中古戸建て住宅のインスペクションについて、ご不明な点等ございましたらどのようなことで結構です。

まずはお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは

TEL 078-803-8753

メールでのお問い合わせは


株式会社グロイド一級建築士事務所

登録番号 第01A03320号

〒651-0084

兵庫県神戸市中央区磯辺通2丁目2-25 ダイワピュアビル604

TEL 078-803-8753

営業時間 9:00~18:00

定休日:水曜日