木造3階建てアパートの遮音性能


界壁の遮音性能について

遮音性能

住戸と住戸の間の壁(界壁)は、柱と柱の間に厚さ100mmのロックウールを充填し、壁の両面に石こうボードを2重貼りの上に遮音性のある硬質石こうボードを張ることで建築基準法で定められている基準以上の遮音性能を確保します。

界床の遮音性能について

遮音性能

フローリング材の下には制震シートと遮音性のある硬質石こうボードを敷き込み、下階の天井は、石こうボードを2重貼りとし、その上に吸音性のあるグラスウールを敷込みます。床衝撃音の遮断性能は重量衝撃音レベルでLH55、軽量衝撃音レベルでLL-48となり、界床として標準的な性能水準を確保します。